企業法務や法律問題でお悩みの法人の方はこちら

メニュー
トップページ > 法人の方へ
企業法務や法律問題でお悩みの法人の方へ

企業法務や法律問題でお悩みの法人の方へ

企業経営者及び管理部門担当者の方々へ

新人弁護士の人気が高い業務分野の一つに、いわゆる企業法務があります。
私は、弁護士になる前は、普通に公認会計士として働いておりました。
20歳のころから上場企業の会計監査に従事して、中小零細企業を含めると、軽く100社を超える企業体の経営を詳細に見てきました。
現在も、その機会を持ち続けております。
自分が企業法務に関わっていくことは当然のことである、と考えておりました。

しかし、実際に弁護士になってから、刑事事件や個人の民事事件など様々な事件を手掛けるうちに、 弁護士の業務は、基本的にはすべてが同じなのである、と考えるに至りました。
現代の企業経営は、内外の様々なリスクに対する管理(マネジメント)が必要と言われておりますが、企業で最も重要な資源は“ヒト”なのであって、実は多くの紛争も、結局はヒトの問題に帰着することが極めて多いと思います。
そうであれば、人間に対する深い洞察力を持つ弁護士こそが、企業法務の分野においても、やはり実力を発揮できるのです。

「こんなこと、弁護士に訊いてみて判るものなのかな?」
「顧問の先生はこう言っているのだけど、本当にそうなのかな?」
このような疑問であれば、尚更、気軽にご相談してみてください。
必ず貴社のお役に立てると自負しております。
ページ上部へ