減らない借金を、減る借金に。弁護士にご相談ください。

メニュー
トップページ業務内容 > 任意整理
任意整理

任意整理は一人で悩まずに、弁護士にご相談ください。

任意整理の基礎知識

任意整理を依頼後は

・督促が止まり、支払いをストップできます。
・手続はすべて弁護士がします。
・過払い金が戻ってくることもあります。

任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を介さず、弁護士が依頼者の代理人として、債権者と交渉し、債務の減額を計り、新たな返済方法での和解をまとめる整理の方法です。「自己破産するほどではない」「毎月支払いに追われ、このままでは支払いに行き詰まりそう」という方に最適の債務整理方法です。
受任後は弁護士が全ての手続、債権者との交渉を行います。弁護士に依頼後は支払や督促が止まるので、安心して日常生活を過ごす事ができます。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

利息制限法により減額した元金を原則無利息で支払うため、返済額が減額される。
場合によっては過払い金の返還も見込める。
原則家族や会社に内緒で整理ができる。
裁判所を利用しないため、費用、手間が掛からない。
資格や職種制限、行動の制限がないため、今までの生活を変えずに支払いを続けられる。
一部の債務のみを整理することができる。(自動車ローン、保証人付の契約などを整理しないことが可能。)

任意整理のデメリット

業者が加盟している信用情報に登録されてしまうため、5年くらいは、新規の借入れができない。

弁護士に依頼した場合の参考例

なぜ弁護士に依頼すると債務を減額できるか

弁護士は、業者から開示を受けた取引履歴を利息制限法(上限金利15%から20%)に基づいて引き直し計算を行い、債務を確定します。(消費者金融、信販系のキャッシングでは減額になります)確定した債務について、将来利息をカットした形で業者と分割返済の交渉をします。

参考例 No.1

消費者金融より30万円を借入れ(金利29.2%)、毎月9,000円を支払いした場合
 
2年間返済後
244,000円
利息制限法により引き直し
170,427円
 
計算後約73,000円ほどの減額になります。
上記参考例のように、各債権について債権調査をいたします。ほとんどのケースで全体の借金の総額は減額されます。その後依頼者の収入及び生活環境に配慮し、3年から5年の期間での返済計画を協議します。

参考例 No.2

消費者金融より80万円を借入(金利29.2%)、4年間返済、残高70万円の場合
 
利息制限法による引き直し後 20万に減額
毎月の返済額(整理前)
20,000円(利息19,200)
任意整理後の和解による返済額
6,000円(利息なし、33回で完済)
 
任意整理前は返済をしても元金は減らず、利息ばかりを支払っていましたが、任意整理後は債務が減額され、毎月の返済額が大幅に減ったうえ、無利息のため債務が着実に減ります。

一般的な任意整理の相談後の流れ

一般的な任意整理の相談後の流れ

1.受任契約
  • 費用、方針について詳しくご説明いたします。
2.受任通知の発送、取引履歴の開示を要求
  • 取り立てがストップ、返済一時ストップ。
3.債権調査(過去の取引を調査)
  • 利息制限法による引き直し計算により借金を減額することができます。
  • 業者の取引履歴の開示に若干時間を要することがあります。
4.各債権者と個別の和解交渉(受任契約から1~4ヶ月位)
  • 債権調査に基づき、減額した金額を元に各債権者と交渉します。
  • 和解契約では将来利息をカットした形で分割案を作成します。
  • 内容確定次第、依頼者への報告。
5.和解成立
  • 和解書の交付
6.弁済スタート(3年~5年)
  • 原則3年
  • 個々の事情により弁済期間は変わります。
ページ上部へ